SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

発明品ブログ ベータ版

見て楽しい、知って嬉しい発明品。
ペン回し全国大会〜PEN'Z GEARを使ったのは何人か
0
    ペン回し専用ペンの考案者「PEN'Z GEAR」の回に、ペン回し専用ペンという発明を紹介しました。
    そしていつの間にか日本ペン回し協会がペン回し全国大会を開催していました。

    この大会に出た人の何人がPEN'Z GEARを使ったのか、非常に興味深いところです。

    たぶんペン回しはツール(ペン回し用のペン)の良さもありますが、慣れの方が大きいと想像します。もちろん良いツールで慣れれば最強だとは思いますが。


    Japan PenSpinning Tournament(ジャパン・ペンスピニング・トーナメント)2008
    開催:3月30日
    優勝者:大村龍貴さん
     ※優勝者はペン回しを始めて1年2ヶ月の高校生さんだそうです
      就職やバイトの面接で、「何か頑張ったことはありますか?」
      と聞かれたら胸を張って「日本チャンピオンです!」と
      答えられますね。

    ==発明品ブログ==
    ©2008 株式会社アバンド

    | 発明ニュース | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    タスポについてのナイス記事まとめ
    0
      さて、昨日はタスポが何たるかについて割と客観的に書きましたが、
      今日はタスポが主観的にどう捉えられているか見ていきたいと思います。
      公報や広報では実りにくい「概念」が
      どうしても中心にならざるを得ないですし。

      そこで、ブログ検索でタスポについての主観・所見をまとめてみます。
      近々のもので気になるもの3点に絞りました。

      1. タスポを登録せず、禁煙という道もある。
      なるほど。確かにそういうきっかけとして捉えるのはいいですね。
      この方はいったん禁煙したものの再発していて、
      更に二人目のお子さんが生まれるのできっかけを求めていたらしいです。


      2.タスポへの要望 (↓下部に追記あり↓)
      この方は種子島で行われたタスポの実験で、
      未成年者が成年者にカードを借りて買っていた事を指摘。
      喫煙者の存在自体が社会的に害、という見かたで
      店頭でもタスポが必要とし、更に申請を受け付けないよう要望されています。
      1と2でずいぶん立ち位置が変わりますね。


      3.成人識別ICカード 「taspo(タスポ)」
      1と2の中間です。一番やわらかい。
      タスポの申込に必要で面倒なこととして、
      免許証のスキャニングと写真撮影を挙げていらっしゃいました。
      新しい制度を素直に受けながら、
      その面倒くささに正直に文句おっしゃってます。
      個人的には一番共感できるゾーンです。


      さてさて、タスポの行く先はどうなるんでしょうか?
      単なる制度として精度を欠くという見方は万人共通のようですが、
      1の方のように副産物的な見方をすると、
      も一つうがって風が吹いて桶屋が儲かるのかもしれませんね。


      ==発明品ブログ==
      ©2008 株式会社アバンド


      続きを読む >>
      | 発明ニュース | 01:41 | comments(2) | trackbacks(1) | - | - |
      タスポ(Taspo)
      0
        タスポの申込が始まりましたね。

        ずいぶん前からお酒とタバコの成人認証は
        有名無実に存在してきました。いよいよなのでしょうか?

        タスポとはどんなものでしょうか?

        タスポとは、日本たばこ協会が成人審査のうえで発行するタバコ購入ICカード。
        目的は、自動販売機での未成年者のタバコ購入を抑えること。
        機能は、電子マネー「ビデル」を介して日本たばこ協会が購買を管理するもの。
        正確性は、カードの発行・所持・使用に関しては厳格。本人認証は実際の購入時には反映できませんが…。
        使い方は、対応自販機でSUICAやPASMOと同じように使用。
        ちなみに、運営主体には日本自動販売機工業会(JVMA)も加わっています。

        さて、有名無実な認証試行が続いてきましたが、
        今回のシステム改正がどう新しい効果を表していくのか
        とても興味深いですね。

        余談ですが、携帯電話の普及により
        未成年者の喫煙者数は激減を続けたと言われています。
        (タバコ代が携帯代に変わったとの見方)


        ==発明品ブログ==
        ©2008 株式会社アバンド


        | 発明ニュース | 00:40 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
        iPhoneの売れ行き(販売台数)
        0
          iPhoneが発売から200日で400万台の販売台数に達しました。
          強い売れ行きですね。

          サンフランシスコでマックワールドでアップルの
          スティーブジョブズ氏が講演の中で公表したそうです。

          またiPhoneは発売から90日間でアメリカの
          スマートフォン市場の約20%を占めたとのこと!

          iPhoneが発表されたのも去年のマックワールドでしたね。
          それから1年。日本での販売が未定ということもあり、
          iPhoneはその魅力を膨らませて来つづけたように見えます。

          ソフトバンクが行くのか?ドコモが行くのか?とか、ハラハラしている人も多いのでは?

          以前の「去年YouTube〜今年iPhone」の記事で、
          アメリカのTIME誌による恒例の「今年の発明」2007年版で
          iPhoneを選定したことを書きました。

          こんなアツイおもちゃなのに触れない! と、思ったら…
          日本でもiPhoneに触れる(購入できる)お店がありました!

          MoblePLAZA(秋葉原)


          価格は約10万円となっていますが、触ったら買っちゃうかもしれませんね。
          iPhoneのデモを見るとこの動きですから。欲しいです…。


          ==発明品ブログ==
          ©2008 株式会社アバンド


          | 発明ニュース | 11:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          モナリザのモデルを発見
          0
            レオナルドダビンチは「モナリザ」のモデルに
            リザ・ゲラルディーニを採用したことが分かったそうですね。


            リザ・ゲラルディーニとは
            本名をエリザベータ・デル・ジョコンドといい
            フィレンツェの豪商の妻でした。

            長い間、研究家たちの間でもリザ・ゲラルディーニがモデルと
            見られてきましたが確信(または確信)出来たのはまさに一昨日のこと。

            この事実を発見したのはドイツのハイデルベルク大学図書館。
            というのも蔵書の中に確証的なメモ書きがしてあったそうです。
            それはダビンチが彼女を書いている最中に
            役人が別用で本に走り書きしたもののようです。

            本にメモが書いてあった!
            長い間の研究家たちの努力を見下ろすようにです!

            でも、発明には必要と発見がつきものです。
            こんな風に“大きな発見”がサラリとなされるのも、

            • 蔵書が人々の努力により保管されていたから

            • 書物をめくる愛があったから

            • 巡り(運)が良かったから


            発明を形にするための発見というのは
            努めなければ手に入らないけど、入るときはキチンと入ってくる!
            と明るく緩く考えられませんか?

            このニュースは現代の偉大な発明家さんたちへの
            心からのエールと捉えたいと思います。

            ちなみに「モナリザ」の意味は伊語で「リザ婦人」です。
            (エリザベータの愛称がリザでした)


            ==発明品ブログ==
            ©2008 株式会社アバンド


            続きを読む >>
            | 発明ニュース | 20:24 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
            ビデオやゲームをテレビに無線で送信
            0
              さきほど、CES(Consumer Electronics Show)
              PSP用Skypeと世界最大150型プラズマテレビとYouTubeビエラ
              について書きましたが、
              パナソニック(松下電器産業)は更にもうひとつの技術を発表しています。

              ビデオ、ゲームなどの高画質映像を
              無線でテレビに送信できる技術の開発
              です。

              また、この「WirelessHD」を使用したシステムは、
              (なんと!)画質を落とすことなく送信できるそうです。

              製品化は未定のようですが、
              ビエラブランド、やはり凄いですね。

              動画の画質調整には今も悩まされているだけに(もう何年悩んでいるんだか)尊敬してしまいます…。


              ==発明品ブログ==
              ©2008 株式会社アバンド


              | 発明ニュース | 21:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              CES開幕 | PSP用Skype
              0
                2008 International CESが開幕しましたね。

                (CESとは、Consumer Electronics Showの略で和風に言うと「家電市」です)

                今年も多くの新技術製品が展示され、プレゼンされています。

                中でもまず気になるのは、やはり!PSP用のSkypeです。
                Skype用のPSPとも言えますが。

                モバイル機器へのSkype対応は色々と進んでいましたが、
                PSPにも遂に! スペシャルサイトへのリンクを記載しておきます。

                ※画面上のゲームコントローラ→下のPSP→最下部までスクロールで見れます
                http://www.sony.com/ces/index.html


                さて、電話とゲームとカメラと時計とテレビと。

                「どれが持ち歩きたいか」なんていうのは既にナンセンスで、
                どの優先順位でバランスを取るか、みたいになってきました。

                パナソニックからは(またもや)世界最大の150型プラズマテレビ!

                あと10年もたつと、
                「世界最小+最軽量 250型 モバイルPC !今回は何と電話が出来ます!」
                みたいなのがレッツノートブランド等から出たりするのかもしれません。

                そのくらい、複合要素の時代が進んでいます。
                いやあ、楽しいですね。

                そういえば、パナソニックのビエラが
                YouTubeとPicasaに対応する機種を開発し
                来春から全米で発売とのニュースも見ました。

                本当に楽しい時代。
                自分の好みをよくよく考えさせてくれる時代です。
                わがままに楽しみましょう!


                ==発明品ブログ==
                ©2008 株式会社アバンド


                | 発明ニュース | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                ロボ!(ASIMO) | 発明ニュース 2007.12.12
                0
                  HONDAのASIMOが進化を続けていますね。

                  お茶汲みが出来るようになったり、
                  何よりも自分で考えて他のASIMOと共同作業が出来るようになったり。

                  TV番組やCM、ネットなどでASIMOの動画を見ているといつも思います。

                  凄い、子供の頃にアニメで見たアレに近い!
                  でもこれって100年後に見たら「昔の人はこれで驚いていたのか」
                  とB級エンタ扱いされるんだろうな。
                   と。

                  技術の進化のスピードは、人間に計り知れないものだと感じます。
                  未来のカーライフ制作で小林哲士氏(建築家)が言っていました。

                  「100年前の人から見て現代の文明が想像付かなかったように、
                   100年後の世界も予測するのではなく願って創るものでは?」

                  たしかに、たしかにそう思えます。

                  発明品ブログ、技術の発展に支えられています。
                  株式会社アバンド、技術の発展に支えられています。
                  IT業界、技術の発展に支えられています。

                  派生する環境問題、望ましくない副産物。
                  ネガティブな内容を含むので書きませんが、
                  僕たちは保護し還元する義務がありますよね。


                  ==発明品ブログ==

                  ©2007 株式会社アバンド


                  | 発明ニュース | 10:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  エールフランス(AirFrance)雑記 | 発明ニュース 2007.12.11
                  0
                    エールフランス(AirFrance)のCO2相殺するシステム
                    エールフランスについて書いたので、
                    今日はエールフランスニュースから雑記を書きます。

                    アリタリア航空の買収が話題に上がっていますが、
                    エールフランスとイタリアのエアー・ワンの闘いになるようですね。

                    実はエールフランスには憧れた思い出があります。
                    僕が初めて海外に行ったのは10数年前のフランスでした。
                    当時パリに住んでた友人を訪ねてフラリと遊びに行きました。

                    格安チケットを取ったらアエロフロート(ロシア)でした。
                    ビール呑みの僕は早速機内で呑み始めましたが、これがヌルイ。

                    ロシアは寒いからなのか?

                    と思いながらトランジットに到着した
                    8月のモスクワ空港はエアコン節電中でむせ返る熱気でした

                    パリについていきなり(今考えると海を越えてくだらないのですが)
                    「国際線のビールっていうのはヌルイもんなのかい?」と友人に。

                    友人「いつもエールフランスだけど別に冷たいよ」
                    「………………」

                    今回は少し発明品から離れてしまいましたが、著者紹介まで。
                    次の発明紹介もお楽しみに。


                    ==発明品ブログ==

                    ©2007 株式会社アバンド



                    | 発明ニュース | 14:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    ワールドカップの新発明「ゴールラインテクノロジー」 | 発明ニュース 2007.12.07
                    0
                      ワールドカップにも新しい発明品が登場しました。

                      まだ本採用かは検討中だそうですが、
                      早ければ2010年のW杯で登場します。

                      その名は「ゴールラインテクノロジー」。

                      ゴールを超えたかどうかを自動判定する発明品です。

                      ボール内に小型チップを埋め込んで
                      ゴールインしたか判定結果を審判に送るというハイテク品。

                      アディダス、カイロス(独)、フラウンホーファー研究所(独)
                      によって2年前から開発が進められていたそうです。

                      すでにアマチュアの試合では実験を行い制度の保証が見えているとか。
                      U-17でテストに使われるという話もあり、
                      サッカーのみならず全てのスポーツファンに議論を与えそうです。

                      ちなみに僕は知った瞬間、「誤審も含めて試合では?」と思いました。
                      これはきっと「慣習から抜け出したくない人間の性」なんでしょうね。


                      ==発明品ブログ==

                      ©2007 株式会社アバンド





                      | 発明ニュース | 17:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |