SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

発明品ブログ ベータ版

見て楽しい、知って嬉しい発明品。
<< マイクロファイバー耳かき使用レビュー(1) | 目からウロコの発明品-vol.3 | main | マイクロファイバー耳かき使用レビュー(3) | 目からウロコの発明品-vol.3 >>
マイクロファイバー耳かき使用レビュー(2) | 目からウロコの発明品-vol.3
0
    久留米発の発明品耳かき「耳綺麗」の使用レビュー第二回です。

    ※僕の個人的な使用レビューです。
    (当然、使用感には個人差があります。)


    1.独特の使用感(前回紹介)
    2.良い点
    3.物足りない点
    4.僕の使い方(次回紹介)


    2.良い点

    綿棒に出来て耳かきにできないこと、
    それは拭き取るように細かい耳垢を取ることです。

    普通の耳かきの場合、
    こびり付いた強者(耳壁にしがみついている耳垢)
    の腰を上げさせることは出来ますが、
    散らかった小者を取り去りきるのは一苦労ですよね。

    それが出来ました。しかも驚くほどゴソリと。

    「耳綺麗」でゴソリ!と取れるイメージ図
    「耳綺麗」でゴソリ!と取れるイメージ図


    (不快感を覚える方が居るはずなので写真は掲載しませんが、
    自分でも「ハッ」とする成果でした。)


    3.物足りない点

    「耳がかゆい、耳かきがしたい。」という時。
    僕の場合ですが、耳を綺麗にすることだけではなく、
    孫の手のように痒い所を掻くために
    耳かきを使用することが多々あります。

    しかし、この「耳綺麗」は当然のことながら
    掻くという感覚はあまりありません。

    ただ、痒い所を掻くように耳かきをしようするのは
    確実に耳に傷をつける危険があり、
    中耳炎のリスクと背中合わせなので
    僕の方で認識を改める良い機会かもしれませんね。


    次回は「耳綺麗」の特徴を把握した上で
    僕がどのように使用しているかをご紹介します。

    お楽しみに。


    ==発明品ブログ==

    ©2007 株式会社アバンド



    | 健康 | 18:40 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |









    http://invent.abund.jp/trackback/558069
    水素水
    『活性水素水』(かっせいすいそすい)とは、「活性水素」が溶けているといわれる水の呼称。水に対してマグネシウムなどの還元力を持つ金属や陰電圧を作用させると、通常の水素イオン (H ) や水素分子 (H2) の他に、反応性の高い水素種「活性水素」(原子状水素、あ...
    | 水 | 2007/04/16 7:48 PM |