SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

発明品ブログ ベータ版

見て楽しい、知って嬉しい発明品。
<< 去年YouTube〜今年iPhone | 発明ニュース 2007.11.05 | main | 国防はガンダムで(防衛省研究開発) | 発明ニュース 2007.11.08 >>
カップ麺の生みの親「即席麺で健康長寿」 | 目からウロコの発明小話
0
    先日、「お湯入れたカップ麺用手提げ」という発明を取り上げました。

    そこで今日は世紀の発明品「インスタントラーメン」を発明した人についてお伝えします。

    チキンラーメンにはじまりカップヌードルも開発し
    晩年までチキンラーメンを毎日食べることで健康長寿を果たした大偉人。

    その人の名は、安藤百福

    言わずと知れた日清食品の創業者です。

    実は安藤さんは戦後に製塩事業から食品事業を興されました。
    その製塩方法も独特のもので、
    海岸に並べた鉄板の上で海水から塩を摂る方法。
    これも大変な発明だと言えます。

    さらに政府の粉食奨励に応じた製麺事業への拡大を図りますが
    役人からは冷たく突き放されてしまいました。

     「パンで良いじゃないか」「欧米至上しようじゃないか」
      時代背景的にはこういうことだったのかもしれません。

    そこで偉人は自宅にこもりインスタントラーメンの研究に着手し、
    お湯を入れるだけでおいしく食べれる「チキンラーメン」を発明したのです。

    この世紀の発明は世界中で高く評価されていて、
    TIME誌(アジア版)では「60年間のアジアの英雄」という特集で、
    即席麺を発明した安藤百福さんを「食の革新者」として選んでいます。

    またニューヨークタイムズ紙では「ミスターヌードル」と称しました。

    ちなみに最初のカップ麺であるカップヌードル
    渡米した際にインスタントラーメンを作る丼代わりに
    カップを使っていたことから発明につながったそうです。


    この世紀の発明家、安藤百福さんは今年の1月に亡くなっていますが、
    98歳で亡くなる直前まで毎昼チキンラーメンを愉しみ、
    それを健康の秘訣として広く語っていたそうです。

    最近、コンビニでも無添加、無着色、保存料不使用などが流行っていて、
    また今の団塊の世代はインスタント食品を急に食べた世代だから
    寿命が急速に下がる可能性がある、なんて言われてたりもします。

    しかしカップ麺の産みの親の安藤さんを見てください。

    自身が発明したチキンラーメンを食べ続け、
    100に近い年まで経営、ゴルフ、食を楽しみ続けた
    大偉人が居たことを決して忘れないで下さい。


    ==発明品ブログ==

    ©2007 株式会社アバンド


    | 発明家 | 11:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://invent.abund.jp/trackback/883936