SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

発明品ブログ ベータ版

見て楽しい、知って嬉しい発明品。
<< 来月の予定も見落とさない「二ヶ月見カレンダー」 | 目からウロコの発明品 | main | 流行の一歩先「足置き湯たんぽ」 | 目からウロコの発明品 >>
エールフランス(AirFrance)のCO2相殺するシステム | 目からウロコの発明小話
0
    今回は発明小話として、フランスの航空会社エールフランス
    (Air France)が採用したシステムについて書きます。

    エールフランスは環境問題への取り組みとして
    旅客飛行機が排出するCO2を乗客自ら相殺できるシステム
    「カーボンオフセット」を開始しました。

    このサービスはフランスの非営利団体「グッドプラネット」のHP上で、
    乗客は自分が飛行機に乗ったことで発生したCO2を算出し、
    それを相殺するためのプロジェクトに寄付が出来るというものです。

    もちろん寄付は任意で、寄付金も任意です。
    ちなみにエールフランスお勧めの寄付金は21トンのCO2に対して15ユーロ。

    寄付金は主に「省エネルギー、エネルギー再利用プロジェクト、林業、
    アグロフォレストリー(農業と林業を組み合わせて森を育てながら同時に農作物を栽培する農法)
    などの諸分野における計画の資金に充当される」としています。

    飛行機という大きな発明、そして発明による弊害に対する発明。

    こういう連鎖は前向きで良いものだと思いました。
    もちろん、時代は既に“最初から環境に配慮した発明”を求めていますが。

    【グッドプラネットとは】
    2005年7月に創設されたフランスの非営利団体です。
    会長を勤めるのが世界的写真家のヤン・アルテュス・ベルトラン氏だそうです。世界中の多様な問題に対する社会の意識を高めること、その発展を促進すること、を目的としている団体です。


    ==発明品ブログ==

    ©2007 株式会社アバンド



    | - | 17:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://invent.abund.jp/trackback/891602