SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

発明品ブログ ベータ版

見て楽しい、知って嬉しい発明品。
<< ペン回し専用ペンの考案者 | main | CO2削減バンク 家庭で削減したCO2は買い取ってもらえるか >>
ペン回し専用ペンの課題
0
    PEN'Z GEARの考案者について昨日は書きましたが、
    もともとペン回し専用ペンが抱えていた課題を紹介します。

    ペンの両端の重さを重く設定することで、
    ペン回しがやりやすくなるPEN'Z GEAR

    重さや形状の調整は長年のノウハウと開発汗の結晶だと思いますが、
    このペン回し専用ペンはもうひとつの課題を抱えていたのです。

    それは、「ペンだから書けなければいけない。重すぎたら書きにくいじゃないか。」といった事です。

    そこで解決手段として、着脱・調整可能な錘やキャップを採用することとしたようです。

    少し踏み込んでみると、発明や開発というのは本当に汗の賜物ですね。
    いつも感心させられたり感動させられたりしています。

    やはり考案者の一人である
    日本ペン回し協会事務局長の仲又充弘さんの情熱なんでしょうね。


    ==発明品ブログ==
    ©2008 株式会社アバンド


    | 新技術(一般) | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://invent.abund.jp/trackback/942666